【ミニマリズム】文房具を大量処分してすっきりしました

文房具の量をミニマルに

いまミニマリストになっている最中でいろんなものを断捨離しているのですが今日は文房具を大量に捨てました。

文具を入れていたケースから全て出して並べるとこんなにもありました。

マジでバカ。

同じペンが何本もあるし、使いもしないホッチキスが2つもある。

「あ、ペン忘れた。買っとくか!」とか「もしかしたら使うかも?」っていう精神で買い続けた結果。

ミニマリストしぶさんの貧乏人の理論に完全に当てはまってしまった

ミニマリストしぶさんのブログで、「貧乏人の家に物が多い理由」を読んだが、完全に自分に当てはまっていて心に刺さった。

  1. 物を買う
  2. お金が減る
  3. お金のためにに働く(時間を切り売りする)
  4. 物が増えた挙句に整理整頓・物の入れ替え・探し物など手間が増える
  5. 片付けに費やす時間も、精神的な余裕もなくなる
  6. 部屋が物だらけになる
  7. ストレスを発散するため1に戻る

ということらしい。

お金に困っている人ほど「物の消費=時間の消費」という認識が薄く、貯まったストレスを「物の消費」で発散しようとするという理論。

完全に合っている気がする。

確かにお金持ちの人の家は綺麗で物が少なく、整頓されているイメージがあるし、貧乏な人の家は統一感がなくもので溢れかえっているようなイメージがある。

このループから抜け出すためにもまずはものをどんどん減らさなければと思った。

文房具を大量処分した結果

ほとんどを捨てて、残すことにしたのはこちら!

  • シャーペン×2
  • 印鑑付きボールペン
  • 替えシャー芯
  • 付箋×3
  • 消しゴム
  • ボールペンの替え芯
  • 電池(文房具じゃない、、、)

圧倒的成長!!

筆箱にちゃんと入りきる量!

この筆箱は高校時代から使っているお気に入り。

左の箱が捨てることになったもので、右の筆箱が残すもの。

10分の1以上の量に減りました。

やっぱり「もしかして残しといたほうがいいかも?」とか「使う時がくるかも?」って感情との戦いでしたが、思い返してもほとんど使っていなかったので捨てます。

ミニマリストとして1歩前進しました。

さいごに

ミニマリスト目指してる人は、とりあえず身近なものから断捨離するといいかもしれません。

思い切って捨てる練習になります。

「捨てるかどうか迷っている時点で捨てていい」を意識すると思い切って捨てられたのでおすすめです。