めんどくさがり男子ほどリップクリームは高級品を買った方がいい説を立証

男子がリップをつける意味

リップクリームなんてつける男子はそう多くはないと思います。

めんどくさいし、多少乾燥してもOKという人が多い。

けれどリップをつける意味というのは、単に乾燥を防ぐだけではなくて、「きちんと見出しにも気を遣っている」というアピールをする意味でも重要です。

健康的で清潔感がある印象を持たれます。

1000円以上の高級リップを使う意味

僕が高級リップを買ったきっかけは、宮永えいとさんというYouTubeで「オトナ男子の身だしなみ」を発信されている方の動画を見たことです。

宮永えいとさんはシャネルのリップを使っているそう。

「普通のリップを使っているとすぐになくしてしまうけど、シャネルのリップにすると失くさなくなって、結果的にコスパがいい」とおっしゃってました。


ただ、宮永さんの使っているシャネルのリップって¥5000以上するんですよね。

普段身だしなみに気を使っていない自分には、いきなりリップに¥5000以上も払うのはハードルが高かった。

なので今回は違うものを買ってみました。

Paul Stuartのリップを使ってみました

僕が購入したのはこちら。

日本コスメブランドのKOSEとアメリカのアパレルブランドのPaul Stuartのコラボ商品。

一般的なサイズの4gで、価格は¥1,200(税込)

まずビジュアルがめちゃくちゃかっこいいです。

僕的にはビジュアルのカッコよさが重要、というか結果的によかったです。

なんせ持ち運びたくなるし、こまめに使いたくなる

めんどくさがりでも頻繁にリップを使うようになるので、唇にもいいし清潔感もキープできます

使ってみた感想


肝心の使った感じはというと、かなり良い

紫外線防止効果もあるらしく、唇の荒れやシワを引き起こすの防いでくれるそう。

さらにオーガニック認証シアバター配合して唇に優しいです。

メントールが配合されていますが無香料タイプということでほとんど香りはせず、リップのきついニオイが苦手な人でも大丈夫そう。

つけてしばらくすると唇が少しほてって血行が良くなっているのを感じます。

唇の発色が良くなる+リップの艶感で、見た目の印象も良い感じ


””

正直、「高いものを使っている」という心理的プラセボがあるのかもしれないけど、大満足です。

高級リップはやっぱりコスパがいい説立証

ということで高いリップを買うと使う頻度も増えるし、気分が上がるし、持ち運びたくなるし、これを持ってる自分カッケーってなるし、コスパがいい買い物だと思いました。

高級とは言っても¥1000ちょっとなのでそこまでハードル高くないです。

他にも数千円のリップが色々売っているのでかっこいいのを探してみるといいと思います。

これなんかもメンズコスメで有名なバルクオムのリップ、めちゃくちゃかっこいいです。

あと、宮永えいとさんのYouTubeチャンネルはめちゃくちゃ参考になるので、チャンネル登録推奨です!