【ミニマリスト】僕の春夏の最高の「制服」作りを紹介

ミニマリズムとは

ミニマリストは単に極限まで持ち物を減らして何もない家に住むというわけではありません。

ミニマリズムは

自分のやりたいこと・大事なことを最大限やるために、それ以外のことを徹底的に省く

ということです。

「何を削って何を大切にするか」を考えます。

そうすることによって

  • 心に余裕が生まれる
  • 人の目を気にしなくなる
  • 何が自分にとって大事かが見えてくる

といったメリットがあります。

「制服」を作ることの意味

制服を作ると言うのはすなわち毎日同じ服を着るということ。

それによって、服選びに使う時間と脳の決断疲れを減らして、他のことにリソースを割くことができるのです。

スティーブ・ジョブズは毎日同じ服を着ていたことで有名ですが彼が莫大な成果をあげたのも、そういったミニマリズム的思考が関係しているでしょう。

僕も学校がある日に毎日着る制服を作ることにしました。

ミニマリストとしての「制服」作りを、本当はおしゃれしたい僕が提案する

春〜夏の制服を作ってみた

これからの暑い時期の制服を作りました。

ほとんどをユニクロで揃えます。

ユニクロも最近は単に安かろう悪かろうではなくて、安いのにめちゃくちゃいい商品がたくさんあって侮れません

トップス

トップスに選んだのはユニクロUの「エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ

ホワイトのXLサイズを3枚購入。

1枚¥1,500です。

この商品、内側はエアリズムの素材で、外側はコットンの素材なので、見た目は高級感がありながら着心地はサラッとしていて最高です。

各所で話題沸騰しています。

2020年4月現在ならまだ在庫があるのでぜひ購入してみてください。

ボトムス

パンツはユニクロの「ウルトラストレッチアクティブジョガーパンツ」を選択。

ブラックのMサイズを3枚購入。

1枚¥1,990です。

サラッとした着心地でかつ伸縮性もあって超快適

僕は個人的にスキニーパンツは窮屈だったり見た目も好みじゃないので苦手なのですが、ジョガーパンツはピタピタではないものの、テーパードがかかっていて(先細りしていて)スタイルも良く見えるのでかなり好きです。

パンツ

下着はユニクロの「エアリズムボクサーブリーフ」にしました。

エアリズム最高。

パンツ史上最も履き心地がいいです。

サラッとしていて伸縮性も抜群、汗をかいても速乾性があります。

もともと2枚ほど持っていたので、ブラックのLサイズを2枚購入。

色も今後買い足す時は黒で統一するようにします。

靴下

靴下もユニクロの「ベリーショートソックス」にしました。

このソックス、メンズファッションインフルエンサーのMBさんも「ほんっとうに全く脱げない」と絶賛。

夏なのでスニーカーからほとんど見えないようにベリーショートのタイプにしました。

制靴に選んだのはallbirds(オールバーズ)というブランドの「ウールランナーズ」というモデルのスニーカー。

allbirdsはシリコンバレー発のブランドで「世界一快適なシューズ」と言われています。

高級ウールが使われていて「毛布のような柔らかさ」「雲の上を歩いている気分」と謳っています。

さらにはどんな足にもフィットする、防臭効果がある、洗濯機で丸洗いできる、などありえないくらい魅力的なシューズです。

また詳しくレビューしたいと思います。

自分だけの制服を作る楽しみ

自分にとって一番快適に過ごせて、かつおしゃれな制服を考えるのは超楽しいです。

僕も個人的には最高だと思うコーディネートを作れて大満足。

全部ユニクロにしろ!とは言わないですが、毎日着回すために複数枚買おうと思うとユニクロは超オススメ。

ぜひ自分だけの組み合わせを見つけてください。

ファッション好きでも制服は作れる

もともと僕はファッションが好きで、今も好きなので持っている服はこれだけではありません。

だから、学校のある日は「制服」を着て、休みの日は好きな服を自由に着ることにしました。

詳しい解説は次の記事で書いているのでぜひ読んで下さい。

服以外にもどうしても捨てられないものがある人にも必見です。

ミニマリストとしての「制服」作りを、本当はおしゃれしたい僕が提案する