幼稚園、小学生のときから医学部に入学をさせたい親御さんへの方法の提案

子供を医学部に入れるにはどうすれば良いのか

この記事では現役医学部生の僕が、幼稚園、小学生の子供を医学部に入れるにはどうするか?ということを考えてみました。

子供が医者になりたいかどうか、親御さんの経済状況などは度外視なのでご了承ください。

またあくまで僕ならどうするかなのでかなりの主観が入っています。

逆に現役医大生の僕の主観なので参考になる部分もあると思います。

幼稚園生を医学部に入れるには?

幼稚園までのときは強いて勉強させることはないと思います。また、私立の小学校に入れる必要もそこまでないのかと思っています。

強いて言うなら言語の発達を早くするために、ずっとしゃべりかけてあげるくらいですかね。

また勉強はさせることはないですが、ピアノやバイオリンなどの音楽を習わせるかもしれません

一つはピアノをしている人が統計的に高い学力であると言うのと、勉強以外にも将来自分が得意だと言えるものを作ってあげたいと言う思いです。

実際僕は大学に入るまでほとんど勉強しかしていなかったので、他に自信のある事がなくて後悔しています。

この段階で塾に行かせることでそこまで大きく大学受験時の学力に関係してくるとは思わないです。

実際僕が幼稚園の頃は何も考えていない子供でした。

小学生を医学部に入れるには?

小学生になると、私立であれ公立であれ、中学受験をするか否かと言うのは少し考えさせられると思います。

正直、将来的に医学部に入れたいのなら、私立の進学校に入学させようと僕は考えました。

公立中学、公立高校も勉強のできる学校はたくさんありますが、やはり私立の中高一貫の進学校に入学させる方が高い確率で医学部に入学させられると思います。

あくまで確率論ですが。

単に授業の進度が早い、質が高い、というだけでなく私立進学校の方が医学部に受験するような層が多いので、周りの影響を受けて医学部を志すような確率も高くなると考えます。

中学受験をさせてレベルの高い私立の入学させるには少なくとも小学4年生までに学習塾に入学させます。

小学校受験、中学受験、高校受験、大学受験とありますが、一番スタートダッシュを早く切ろうと思えば早く切れるのが小学校受験。

多くの中学受験生は大体小学4年生から塾に入学するので、僕なら1年リードして小学3年生から入塾させるかなと考えました。

勉強以外の習い事について

勉強以外の習い事をさせるかについて触れておきます。

僕は今まで主に習字、テニス、の習い事に通わせてもらいました。

テニスは小学4年から2年程度、習字は小学1年から5年程度です。

結果的に習字については本当に通っていてよかったなと感謝しています。

自分で書く字が綺麗だと読み取りやすいですし、勉強の効率にもいくらか関係しているのではないかと思いました。

また、字を書くことだけに集中して毎週2時間過ごすという経験は集中力の向上にも繋がると思います。

僕が親になって、子供を医学部に入れたいと思った場合もお習字に通わせるかなと思いました。

テニスについては不幸なことに僕の運動神経がなさすぎて何かしらの結果を出すことはできませんでした。

しかし運動と学習効率の関係はこれまで多く指摘されています。

僕ならば子供に何かしらの運動を週に1度は通わせようと考えます。

運動は大切ですし、全く運動せずに勉強だけさせるというのもよろしくないと思います。

一方で週に2回も3回も運動の習い事に行かせるのは、子供に勉強を得意になってもらって医学部に入学させたいという1点のみを考えるならやめておくでしょう。

まとめると、お習字に通わせるのはすごくおすすめ、運動も週に1回程度行かせてもいいんじゃないかと思います。

以上が僕の幼稚園、小学校の段階の子供を医学部受験を見据えるならどうするかという考えでした。