医学部合格のために僕がオススメしないセンター地理Bの参考書と問題集

はじめに

医学部に合格するためにはセンター試験の全体での得点率は最低でも85%は欲しいところ。

全体で85%〜90%を達成するには社会では9割を切らないようにしたいです。

社会の中でも「地理B」は他の科目に比べてもっとも短時間で9割を達成できるとされています。
逆に他の教科よりも満点は狙いにくいのですが、コスパよく9割越えをしたい人にはオススメの科目です。

そんなセンター地理Bに取り組むのに、9割達成まで遠回りしてしまうような避けておいたほうがいい参考書・問題集を紹介します。

この中に今使っている、もしくは使うのを考えていたものがあれば今一度再検討してみては?

関連記事のIDを正しく入力してください

センター試験 地理Bの点数が面白いほどとれる本

この本を使っている人も多いと思いますが、僕には向いていませんでした。

情報量が多すぎるのと、それを無理に詰め込んでいて、わかりやすいようでまとまっていないなという印象でした。

イラストや顔文字などで心理的ハードルを下げている工夫も見られるのですがそれも情報量を増やしているだけに見えて使いづらかったです。

この参考書と同じ位置付けの「何も知らない人のための最初の1冊」としては「村瀬の地理B」という参考書をオススメします。こちらは系統地理編と地誌編の2冊に別れているのですが、より重要なところが分かり易かったです。

「点数が面白いほどとれる本」に同じような印象を抱いている人は一度切り替えてみては?

ジオゴロ地理

地理の暗記事項を語呂合わせで覚えるための参考書です。

秀逸で覚えやすいゴロがたくさん載っているのですが、医学部志望者はセンターだけなので必要ないと思います。

センター地理Bってそんな統計データなどを事細かく覚える必要はないんです!

最低限の重要事項を覚える+センター特有の問題を解く力を養う」で9割を超えます。

センターレベルの事項の語呂合わせだけをピックアップして覚えようとしてもそれを選別するのに時間がかかるので、最初から使わないほうがいいです。

地理B一問一答

これも文系で二次試験も地理がある人向けなので、医学部志望者でセンターだけの人には不要です。

覚えるのに時間がかかりすぎるし、オーバーワークです。

センターではここまで細かな知識は要求されていません。

地理Bは割り切って満点を狙わずに9割を超えれば良しとして、他の教科に勉強時間を割きましょう!

さいごに

以上が僕がセンター地理Bの勉強では避けたほうがいい参考書だと思います。

センター試験と二次試験はかなり質が違うことを理解して、「センター地理Bで」最速で得点率をあげられるような勉強を意識しましょう。

医学部受験は時間がないので効率を常に重視してください!

この記事では「オススメしない」参考書を紹介しましたが以下の記事ではオススメの参考書と9割を得点するための最速の勉強法を開設しています。

関連記事のIDを正しく入力してください